upinetree's memo

Web系技術の話題とかたまに日常も。Qiita: http://qiita.com/upinetree

Jbuilder の generator を無効にする

故あってサンプルコードをたくさん作る必要があり、JBuilderの生成するコードがじゃまになる(けど使うので消せない)ときがあった。 そんなときに行った対策を簡単にまとめてみる。

.json.jbuilder ファイルの生成を無効化

config/application.rb に以下を記述。

    config.generators do |g|
      g.jbuilder = false
    end

経験上、他に不要なものも併せて以下のように記述することが多い。

    config.generators do |g|
      g.system_tests = nil
      g.jbuilder = false
      g.assets = false
      g.helper = false
    end

コントローラのテンプレート上書き

コントローラでは例えば以下のように、content type による振り分けが生成される。

  # POST /users
  # POST /users.json
  def create
    @user = User.new(user_params)

    respond_to do |format|
      if @user.save
        format.html { redirect_to @user, notice: 'User was successfully created.' }
        format.json { render :show, status: :created, location: @user }
      else
        format.html { render :new }
        format.json { render json: @user.errors, status: :unprocessable_entity }
      end
    end
  end

これは以下でRails標準のテンプレートが上書きされるため。

https://github.com/rails/jbuilder/blob/master/lib/generators/rails/templates/controller.rb

無効にするには、以下の手段がある。