upinetree's memo

Web系技術の話題とか。Qiitaも合わせてどうぞ (http://qiita.com/upinetree)

redux-thunk で雑に getState するのは控えめにしたほうが良いかも

たとえばこういう Store があるとき。

const reducers = combineReducers({
  foo: fooReducer,
  bar: barReducer
});

const store = createStore(
  reducers,
  applyMiddleware(thunk)
);

こんな感じの雑さで getState() して現在の state を取っていたとする。

const fooAction = () => (dispatch, getState) => {
  const hoge = getState().foo.hoge;
  dispatch({ type: FOO, hoge });
};

ここでは combineReducers() している通り、 getState().foo.hogefoo キーを指定して書かねばならない。 なぜなら getState() は全体の state を返すので。

でもこうすると特定の reducre に依存した Action Creator になってしまう。 最初のうちは良いかもしれないけど、combineReducers を修正するとか、他の文脈でその Action Creator 使うってときに困る。 つまり Action Creator の使い回しが難しくなる。 (他の文脈で Action Creator を使いまわすというのは気をつけたほうが良いかも。必要に応じて中身のビジネスロジックだけ切り出すほうが適切なこともある。知見ほしい)

こうならないためには Action Creator の呼び出し時に引数で受け取るとよさそう。

const fooAction = hoge => (dispatch, getState) => {
  dispatch({ type: FOO, hoge })
};

// Component
const FooComponent = ({ hoge, fooAction }) => {
  const onClick = () => { fooAction(hoge) };
  return <a onClick={onClick}>Foo</a>;
);

export default connect(
  ({ foo }) => ({ hoge: foo.hoge }),
  dispatch => ({ fooAction: dispatch(fooAction) })
)(FooComponent);

getState を使うのは、どうしてもそうしないと state が取れないってときに割り切る?

どう Store を構成するかっていうのはなるべく Action Creator に入り込まないようにして、Container側で吸収したほうが良さそう。