読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

upinetree's memo

Web系技術の話題とか。Qiitaも合わせてどうぞ (http://qiita.com/upinetree)

実行中Rubyプログラムのbinding.pryを全て無効にする

Pry version: 0.9.12.4 on Ruby 2.1.0.

これだけ

pry(main)> disable-pry

どんな機能かというと

pry(main)> help disable-pry
Usage: disable-pry

After this command is run any further calls to pry will immediately return `nil`
without interrupting the flow of your program. This is particularly useful when
you've debugged the problem you were having, and now wish the program to run to
the end.

As alternatives, consider using `exit!` to force the current Ruby process
to quit immediately; or using `edit-method -p` to remove the `binding.pry`
from the code.

ということらしい。

例えばループ中とかshared_examplesとかでbinding.pryしたとき、これを使えば目的の動作を確認した後にぐぬぬってならなくて済みますね。

ただ、binding.prynilを返す動作は変わらないのでそこだけ注意です。

他の方法としては、exit!を使うか、edit-method -pbinding.pryを削除してくれと書いてありますね。

ちなみに、edit-methodすると "DISABLED: Use edit instead." と怒られるので、指示に従ってedit -p method-nameとでもしておきましょう。